複数志願者数を考慮に入れた倍率算出方法|兵庫県公立高校入試情報ネット

シェアする

こんにちは。

受験生にとっては、倍率というのはすごく気になるところだと思います。単純に倍率が高いからダメ、低いからいいというわけではありませんが数値上低いほうが合格する可能性は高いと言えるかもしれません。

いまいち兵庫県公立高校における入試方法についてわからない方は別の記事をご覧いただければと思いますが、兵庫県公立高校は複数志願選抜という入試制度を採用しています。

【関連記事】

ここでは兵庫県の公立高校の複数志願選抜について解説しています。 兵庫県の公立高校の一般入試は、1校のみの受験というのが通常なのですが複...

で、実際に複数志願選抜で出願した受験生のうち、第一志望者は残念な結果に終わり、第二志望で合格するということがありえます。

複数志願合格者は10%前後

【関連記事】

兵庫県公立高校一般入試等合格状況発表 兵庫県教育委員会より2018年度/平成30年度の兵庫県公立高校一般入試の合格状況が発表されました...

こちらも上記の関連記事を読んでいただければわかりますが(2018年度時に書いたもの)第五学区を除く学区ではおよそ10%前後の生徒が第二志望合格者ということがわかります。

兵庫県教育委員会から発表される倍率は第二志望者を考慮した倍率は発表されません。というか、それは発表できませんよね。受験が終わって蓋を開けてみなければわかりません。

ですが、だいたい「10%前後の生徒が第二志望での合格者である」ということを軸に考えれば「複数志願者も考慮に入れたおおよその倍率」は計算できます。

複数志願者を考慮した倍率の算出方法

『平成29年度及び平成30年度兵庫県公立高等学校の入学者選抜等について』より抜粋

上記のように「複数志願に係る第2志望志願状況」というデータが存在します。簡単に言えば、「〇〇高校には第二志望でこれだけの志願者がいますよ~。」というデータです。これを利用しておおよその倍率を算出します。


【例:2018年度 尼崎高校の場合】

定員数 280名

第一志望者数 293名

倍率 1.05倍

なんですが・・・

第二志望者数 444名(→10% 44名)

その内、概算で10%の生徒が回ってくる(合格する)と仮定すると

293名÷(280名-44名)×100=約1.24倍


上記リンク記事でも同じ例を使用していますが、例えば2018年度の尼崎(第二学区)だと、第一志望者数だけの場合は1.05倍となりますが、複数志願者が444名もおり理論上その10%が回ってくる(合格する)と仮定すると、倍率は約1.24倍まで上がっていることになります。

極端なことを言えば、一般入試に関しては倍率が1.0倍以下でも時と場合によっては残念な結果になることもあるということです。

【関連記事】

こんにちは。さて、今回は兵庫県公立高校の一般入試において倍率1.0倍以下の場合の合否について説明していきたいと思います。2017年度の受験者...

もちろん年によって変動すると思いますし、複数志願者数が多い高校の場合は10%以上の合格者が出ている可能性もあると思います。

ですが、ある程度の倍率が知りたい場合はこの算出方法を試してみてください。

以上、複数志願者を考慮した場合の倍率の算出方法でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

★兵庫県公立高校おすすめ問題集はこちら
★成績が上がらず困っている場合はこちら

シェアする

フォローする