兵庫県公立高校入試(一般入試)の時間割について|兵庫県公立高校入試情報

シェアする

こんにちわ。今回は兵庫県公立高校の一般入試の時間割についてご紹介したいと思います。

※2018年度/平成30年度


関連記事:【2018年度/平成30年度】兵庫県公立高校入試日程・合格発表日


兵庫県公立高校入試 時間割

科目時間
集合8:20~
諸注意8:30 ~ 8:40
国語9:00 ~ 9:50
数学10:05 ~ 10:55
社会11:10 ~ 12:00
理科12:50 ~ 13:40
英語13:55 ~ 14:45

以上が兵庫県教育委員会より発表されている兵庫県公立高校一般入試の時間割となっています。休憩は15分。お昼休憩のみ50分となっています。

英語のリスニング問題は英語の試験直後に開始されます。リスニングの時間が別に設定されているわけではなく、50分の時間内にリスニングテストを実施します。


関連記事:英語のリスニング対策はこれ以外に思いあたりません|兵庫県公立高校入試情報


「国語」「数学」「社会」「理科」「英語」の配点は、各教科 100 点の合計500 点満点です。ただし、評価時にはその総得点を1/2します。


関連記事:内申点って何?|兵庫県公立高校入試で重要な内申点とは?


水分補給は控え目に

試験当日は水分補給はほどほどにしておくほうが無難です。きっと当日は緊張もしているでしょうし、普段よりトイレが近くなる恐れがあります。

試験最中にトイレに行くたくなってしまえば、心の余裕もなくなってしまうでしょうし集中もできません。

もちろんどうしても行きたくなった場合は手を挙げ試験管にその旨を伝えましょう。しかし、集中力も途中で途切れてしまいますし、大切な時間を割いてしまうことになります。

ですから、途中でそのようなことにならないよう喉を潤す程度の水分補給にとどめておくほうがいいかと思います。

また、休憩時間もトイレは混雑が予想されます。トイレに行きたい場合は速やかに済ませておきましょう。

最後に体が冷えてもトイレが近くなります。飲み物自体あまり冷えたものを持って行かず、暖かい飲み物かあるいは常温程度のものを持参するほうがいいかと思います。

まとめ

この記事を見てくれているということは、兵庫県公立高校の一般入試を受験するからだと思います。プレッシャーもあるでしょうが、あまり力まずリラックスして受験に挑んでくださいね。受験生の皆さん健闘を祈ります。頑張ってください!