兵庫県公立高校の学費ってどれくらい必要?|入学時に準備しておきたい額は?

シェアする

こんにちは。ここでは兵庫県公立高校全日制及び専門科の学費についてご説明していきたいと思います。

学費と授業料について

まず、以下の文章を読んでいただく際に錯誤が起こらないよう、学費と授業料に関してご確認ください。

【学費】

学校で教育を受けるためにかかる経費。授業料・教科書代など。

【授業料】

学校などに、授業を受けるために納める費用。

すなわち、学費というのは授業料も含めた学校で教育を受ける際に必要となる費用全般のことを意味しています。一応念のためにご紹介させていただきました。

学費が無償なわけではなく、授業料が無償

さて、兵庫県の公立高校に無事合格し、いざ入学となると次に保護者が気になるのは学費の話。どれくらい必要なのか気になるところですよね。簡単に説明していきたいと思います。

授業料について。これはご存知の方もおられると思いますが、高等学校等修学支援金制度という国からの授業料支援制度があり、保護者等の市町村税所得割額が30万4200円以下の場合は公立高校の授業料は無償になります。年収に換算すると910万円未満が対象となります。(自治体によって多少差があるようなので詳細の確認は各自治体などでご確認ください)この無償制度は兵庫県の公立高校だけではなく、全国の公立高校で対応しています。また、市立高校や専門学科も対象です。具体的に授業料は、全日制課程で年間11万8,800円となっており1か月に換算すると9,900円で、この分を国が負担してくれるということになります。


関連記事:兵庫県下の私立高校一覧と入学金・授業料について


授業料以外で必要な経費は?

先に書いた通り授業料自体は条件を満たせば無償となります。しかし、それ以外に必要な経費は当然の如しあります。これは各高校によって差がありますが、いわゆる学年費(一年に必要な学費)が8万~10万前後必要となってきます。この中にはテキスト代、PTA会費、修学旅行積立金、生徒会費などが含まれています。月額になおして約8,000円~9000円ぐらいです。

入学時には費用はいくら準備しておけばいいのか?

入学時に必要な費用として以下があげられます。

①入学考査料     2,200円

②入学金       5,650円

③学年費       8万円~10万円

④制服代       10万円~12万円

⇒ 合計    約20万円~23万円

制服代に関しては、夏服、冬服両方購入しての概算値で表記しています。また、体操服代も含んで計算しています。男子と女子でも多少違いがありますが、おおよそこれぐらいの金額になるようです。合計金額は授業料は無償で計算しています。授業料を支払う必要がある場合は、これに年間11万8,800円必要となります。2年次からは①、②に関しては必要ありませんし、④に関しても必要に応じて買い足していくという状態になると思います。

また、これらの費用に加えて交通費も必要になる場合があります。最寄りの駅まで自転車で行き、そこから学校まで電車やバスなどを利用するという場合は更に+αお金が必要になってきます。

また、これらに加えて修学旅行の積立金も毎月必要になってくるかと思います。

まとめ

以上までの話をまとめると、兵庫県公立高校に入学する場合・・・

①授業料は、条件を満たせば無償

②学費(テキスト代やPTA会費など)は年間10万円程度必要になる

③交通費が必要になることも念頭に入れておく(該当者のみ)

④入学時には余裕を持って30万円程用意しておく

ということになります。

各高校ごとに学年費(テキスト代や会費など)は前後すると思います。合格すれば詳細が書かれた資料が配布されると思いますので、そちらでご確認ください。何はともあれまずは合格することが先決。受験生の皆さんは頑張ってくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

★今売れている問題集・参考書はこちら
★兵庫県公立高校おすすめ問題集はこちら

シェアする

フォローする