私立専願で不合格だった場合、公立高校の入試は受けることができるの?|兵庫県公立高校入試情報

シェアする

こんにちは。タイトルにて今回のお話の内容を正確に伝えようとすると長くなってしまうので、こちらで対応したいと思います。今回のテーマは『自分の第一志望は私学の為専願で受験したが、不合格となってしまった場合には、公立高校は受けることができるのか?』ということについてご説明していきたいと思います。

第一志望が私立高校の場合

兵庫県の公立高校の受験方法は大きく分けて2通り存在します。私立高校のみを受験する『専願』か私立高校+公立高校を受験する『併願』ということです。


関連記事:併願で私立も公立も合格!どちらに行くか決められるの?|兵庫県公立高校入試情報


上記記事中にも書いてありますが、専願というのは、合格した場合必ず貴校に入学しますよという出願方法です。そのメリットは、併願で出願している生徒よりも合格基準が低いということです。

逆に併願というのは公立高校を受験し合格した場合はよほどの事情がない限り公立高校に入学するという規則です。この点も上記関連記事に記載していますので、詳細を知りたい方は読んでみてください。

●第一志望が私立高校の時はとにかく専願

私立高校で自分の行きたい高校が見つかってる場合、『専願』で出願するのかそれとも『併願』で出願するのかですが、第一志望が私立高校の場合は専願で出願します。

だって、併願で公立高校が合格すれば公立高校に入学しなければなりませんから。

併願で出願していても公立高校の受験を辞退することはできます
また、併願で出願すると合格ラインが上がってしまいます。ですから私立高校が第一志望の場合は必ず『専願』です。

志望している私立高校が自分の偏差値より高く不合格になる恐れがある場合

自分の志望する私立高校が自分の偏差値よりも学校の偏差値が高い場合=不合格になる恐れがある場合はどうすればいいのでしょうか?(まわし合格もなかった場合です。)

この場合も専願で出願します。

仮に不合格になってしまった場合は以下の2通りの対処法があります。

①私立高校の1.5次試験を受験する

私立高校の中で兵庫県およびその近隣の府県で1次試験後に1.5次試験というものを実施している高校があります。もちろん、1次試験の合格発表後に出願期間が設定されています。ですから、私立高校専願で受験し不合格の場合はその受験を受けるという方法があります。

②公立高校を受験する

もう一つの方法は公立高校を受験するということです。『えっ』と思うかもしれませんが可能です。『専願』として私立高校を受験した後でも、仮に不合格になってしまった場合は公立高校に出願して受験することはできます。もちろん私立高校に合格すれば、公立高校を受験することはできません。

まとめ

今回は私立専願で不合格だった場合、公立高校の入試は受けることができるのかどうかということについてご紹介してきました。話をまとめると

①第一志望が私立高校の場合は専願で受験する
②万が一不合格の場合でも、私立の1.5次試験や公立高校の受験ができる
ということになります。稀なケースかもしれませんが今回ご紹介させていただきました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。