兵庫県公立高校一般入試過去問

シェアする

兵庫県公立高校一般入試過去問について

兵庫県の過去問に関しては以下のサイトで閲覧することができます。

>>>兵庫模試 since1979 – 兵庫県公立高校案内

しかしながら、赤本は購入したほうがいいです。その理由として、英語のリスニングの練習が出来ないということと、解説がなく解答のみになっているという点が挙げられます。

英語のリスニング問題は25点分程です。約4分の1がリスニングでの得点ということになります。赤本には過去5年分の入試問題が載っており、その5年分のリスニング問題のCDが付録としてついています。リスニング問題に関してはそれを活用して訓練するのが一つの方法です。

もう一つは、リクルート社の【スタディサプリ ENGLISH】です。別の記事で詳しく紹介していますので、興味のある方は一度ご覧になってみてください。


関連記事:英語のリスニング対策はこれ以外に思いあたりません|兵庫県公立高校入試情報


また、5科目とも解答は上記サイト兵庫模試 【since1979 – 兵庫県公立高校案内にも掲載されていますが、解説はありません。

解いてもわからずのまま放置していたら何の意味もありません。

出来なかった問題を理解し解けるだけの知識を得ることが目的です。しっかりとした解説が添付されている赤本で出来なかった問題を重点的に復習していきましょう。

「赤本だけでは足りない!もっとやりたい!」

という生徒には個人的におすすめの問題集があります。

2019年度/平成31年度分発刊されました!

>>過去10年間の過去問題集 高校入試 虎の巻

株式会社日本学術講師会 様が出版されています。

『高校入試 虎の巻』 おすすめポイント

①過去10年分の問題が単元ごとにまとめられている

先ほども書きましたが赤本は兵庫県公立高校の入試を考えているのであれば、必ず購入するべきです。そして過去5年分必ず解きましょう。そうすると自ずと自分の不得意科目や苦手分野というのが見えてきます。その際に利用価値があるのが上記の問題集です。

高校入試虎の巻は過去10年分(兵庫県公立高校過去問に関しては9年分)の問題が単元ごとにまとめられており、非常に使いやすい問題集になっています。

受験生は時間との戦いでもあります。各単元ごとにしかも兵庫県公立高校の入試問題で実際に出題されている問題を探す手間とストレスなく学習に集中して解くことができるので使い勝手のいい問題集だと思います。

②詳しい解説+αがついている

これもいい点ですね。過去9年分に遡って解説が添付されているので、しっかりと学習をすすめることができます。ただ、なぜか社会は解説がないようです。

また、もう一つ業界初ということで、どうしてもわからない問題に関しては、質問するとさらに詳しい解説を送り返してくれるアフターフォローをされています。もちろん無料です。

これ大変だと思いますけどね。この会社の意気込みを感じますね。

③値段がリーズナブル

完全に兵庫県公立高校入試問題に特化した問題集で、しかも単元ごとに分けられており、これ一冊で5科目すべてに対応できています。それで2600円(税込)は非常にお値打ち価格だと思います。問題集を各科目一冊ずつ購入しても1000円×5=5000円はかかるところだと思います。問題集を買ってはみたもののやらずで机の肥やしになっている問題集はありませんか?そうであれば、この兵庫県公立高校の入試問題を直接使用し、出題傾向が集約されたこの1冊を一生懸命解くほうがいいのではないかなぁと思います。

最終手段として、受験生におすすめできる問題集です。

>>過去10年間の過去問題集 高校入試 虎の巻

>>問題集サンプルページ

気になる方は一度ご覧になってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

フォローする