【令和3年度】兵庫県公立高校推薦入試・特色選抜合格状況について|兵庫県公立高校入試情報ネット

こんにちは。

今回推薦入試及び特色選抜を受験した皆さんお疲れ様でした。結果はどうであれ、この頑張った期間は今後の皆さんの人生の大きな糧となると思います。今回残念な結果になってしまった生徒も今この記事を読んでくれているかもしれません。まだ受験は終わっていません。最後まで諦めず、全力で一般入試に向けて心と体の準備をしてください。

さて、先日兵庫県教育委員会より令和3年度の推薦入試・特色選抜・外国人特別枠による合格者数が発表されました。詳しくは以下のリンク先よりご確認いただけます。

>>>令和3年度兵庫県公立高等学校推薦入学等合格状況

倍率1.00以下は合格確定と考えて良さそう(継続)

【関連記事】

https://gokaku-octopus.com/2019/02/12/post-2020/

上の記事でも触れていますが、推薦入試及び特色選抜(一般入試もだが)による定員が募集人数に到達していない倍率1.00以下の場合は、令和3年度も受験者全員が合格となっています。

倍率1.00以下の場合は、99.9%合格と判断して良いでしょう。(何が起こるかわからないので表現として100%は避けました)

上記は一例ですが、募集定員に対し受検者が到達していない場合は、全員合格していることがわかりますね。倍率【R3倍率】はどうやら1.00以下は表示されないようになっていると思います。

一般入試出願期間は2月26日からスタート

兵庫県公立高校一般入試の願書の出願は2021年2月24日からスタートします。最後まで諦めずに頑張ってくださいね。

一般入試の学習のポイントを以下でまとめています。良かったらご覧ください。

【関連記事】

出題傾向と学習のポイント|令和3年度兵庫県公立高校一般入試
こんにちは。こちらの記事では2020年度の兵庫県公立高校一般入試(国語)の分析と2021年度(令和3年度)の入試対策(学習のポイント)についてまとめています。2020年度、2019年度、2018年度版は下記でまとめています。※兵庫県公立高校
https://gokaku-octopus.com/2020/10/20/3009/
出題傾向と学習のポイント|令和3年度兵庫県公立高校一般入試
こんにちは。こちらの記事では2020年度の兵庫県公立高校一般入試の分析と2021年度(令和3年度)の入試対策(学習のポイント)についてまとめています。2020年度、2019年度、2018年度版は下記でまとめています。※兵庫県公立高校一般入試
出題傾向と学習のポイント|令和3年度兵庫県公立高校一般入試
こんにちは。こちらの記事では2020年度の兵庫県公立高校一般入試の分析と2021年度(令和3年度)の入試対策(学習のポイント)についてまとめています。2020年度、2019年度、2018年度版は下記でまとめています。参考になる箇所もあるかも
出題傾向と学習のポイント|令和3年度兵庫県公立高校一般入試
こんにちは。こちらの記事では兵庫県公立高校一般入試、2020年度の兵庫県公立高校一般入試の分析と2021年度(令和3年度)の入試対策(学習のポイント)についてまとめています。2020年度、2019年度、2018年度版は下記でまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました