【高校受験用】世界地理の総復習にいかがでしょうか?|兵庫県公立高校入試情報

シェアする

世界地理の学習にいかがでしょうか?

こんにちは。高校受験の世界地理の復習に役に立ちそうなサイトがありましたので、ご紹介させていただきます。

定期テストや実力テストの際に見直ししてみてください。

地理ってなかなかつかみどころがなく学習しにくい分野でもあります。また包括的に物事を知っておかないと問題の答えに辿り着かなかったりと苦手としている生徒も多いようです。

また、近年兵庫県公立高校の入試問題でも特に地理分野では資料などを参考に答えを導く問題が増えており、今までよりも多角的な視点から物事を判断する力が試されるようになっています。

そのような問題に対応するには(各中学校で実施される定期テストは一問一答で答える問題がまだ多いと思いますが)やはり多くの情報・知識を蓄えておく必要があります。

ただ、やみくもに全て覚えておかなくてはいけないわけではなく、中学生レベルでポイントになるところをおさえておけばいいのです。

例えば、世界の人口 トップ5 と世界の国土面積 トップ5 さらっと言えますか?

世界の人口 トップ5

1位 中国 約14億人

2位 インド 約13億人

3位 アメリカ 約3億人

4位 インドネシア 約2.5憶人

5位 ブラジル 約2億人

ちなみに日本は現状10位です。4位のインドネシアは中学生レベルではあまり出題されないので覚えておかなくてもいいかと思います。(もちろん覚えておくにこしたことはありませんが)

世界の国土面積 トップ5

1位 ロシア連邦

2位 カナダ 

3位 アメリカ

4位 中国

5位 ブラジル

そして、これに加えて

6位 オーストラリア

も覚えておきましょう。オーストラリア(大陸)は最も小さい大陸ですからね。

ちなみに日本は約38万㎢で62位です

資料の問題を解く際に上記の人口と面積のトップ5を覚えておくだけでもかなり役に立ちます。

なぜなら資料として登場する王道データだからです。

このように抑えておかなければならないポイントというものがあるのでしっかりとおさえるようにしていきましょう。


関連記事:【高校受験用】歴史の総復習にいかがでしょうか?|兵庫県公立高校入試情報


【中学生】定期テストでおさえておきたい世界地理

【中学生】定期テストでおさえておきたい世界地理~気候区分編~

【中学生】定期テストでおさえておきたい世界地理~アジア州編~

【中学生】定期テストでおさえておきたい世界地理~ヨーロッパ州編~

【中学生】定期テストでおさえておきたい世界地理~北アメリカ州編~

【中学生】定期テストでおさえておきたい世界地理~南アメリカ州編~

【中学生】定期テストでおさえておきたい世界地理~オセアニア州編~

上記サイトはfriend-rさんのネイバーまとめとなっております。お気に入り数や閲覧数も多いですね。

学習に役立つようであれば有効活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。