現代文の学習におすすめの問題集|兵庫県公立高校入試情報

シェアする

こんにちは。今回は現代文の学習におすすめな問題集についてお話したいと思います。なぜこの記事を書こうかと思ったかというと先日このような質問をいただきました。

いつも見させていただいています。今年から中学3年生になります。僕は国語が苦手です。学校での定期テストはまずまず点数が取れますが、実力テストになると全然無理です。順位が一気に下がってしまいます。高校試験の時に国語で点数が取れるか不安です。何かおすすめの問題集とか勉強の方法があれば教えてください。よろしくお願いします。【原文】

ご本人様に了承を得てご紹介させていただいております。具体的な成績や点数などはこちらで把握しておりませんが、同じような悩みを抱いている生徒は多いのではないかと思います。

定期テストと実力テストの現代文は点数の取り方が違う

現代文の学習って難しいですよね。というか『何をどのように学習すればいいのかわからない』と言うほうが正しいかもしれません。

英単語を覚えたり、計算をがりがりして、時間をかければそれなりに効果があらわれるものとは違って、現代文はいくら読んでもその成果が点数に結び付きにくく途中で挫折してしまう生徒も多いようです。

『定期テストと実力テストの現代文の点数の取り方が違う』というのはこの点にあります。定期テストの問題はどちらかと言えば暗記に依存している問題が多いということです。

学校で授業を行い、ノートを写し、重要なポイントを理解する。また、学校の問題集や配布プリントからそのまま同じ問題が出題されることが多いため、思考というよりは暗記しているかどうかということに点数が左右されることが多いように感じます。もちろん問題用紙に文章が載っているとは思いますが、ほぼ読まなくても問題を解くことができるため(テスト前に何度も読み込んで流れを暗記しておくことが可能だから)時間の短縮にも繋がります。また、漢字や慣用句などの点数の配点も高いため、これも暗記に依存する(つまり時間をかければ、点数にその成果があらわれる)ところが大きい部分です。

一方、実力テストの場合は定期テストのようにはいかないことが多いようです。基本的に初めて読む文章で問題を解いていかなければなりません。これが定期テストで点数が取れても実力テストでは点数が取れない原因の一つだと思います。

もちろん暗記をすることの繰り返しが真の学力に繋がっていくことは間違いありませんが、定気テストと実力テストでは学習の仕方(点数の取り方)が多少違うということを把握した上で、実力テストで点数を取るためには『何をどのように学習すればいいか』ということを認識することが実力テストで点数を上げる一つの方法ではないでしょうか。

『出口先生』の問題集シリーズがおすすめ

では、現代文の実力テストで点数を伸ばすためどうすればいいのか?

巷では様々な参考書が販売されていますが、個人的には出口先生の現代文シリーズがおすすめです。

▼システム中学国語【論理入門編】

システム中学国語論理入門編 [ 出口汪 ]

価格:1,296円
(2018/4/3 08:16時点)
感想(26件)

▼システム中学国語【論理完成編】

システム中学国語論理完成編 [ 出口汪 ]

価格:1,296円
(2018/4/3 08:17時点)
感想(16件)

▼システム中学国語【公立高校編】

システム中学国語公立高校編 [ 出口汪 ]

価格:1,296円
(2018/4/3 08:20時点)
感想(2件)

▼中学国語出口のシステム読解

中学国語出口のシステム読解 [ 出口汪 ]

価格:1,058円
(2018/4/3 08:21時点)
感想(54件)

▼システム読解+論理入門編・論理完成編(3冊セット)

【楽天ブックスオリジナルセット】中学国語 出口のシステム読解&システム中学国語 論理入門編&システム中学国語 論理完成編 3冊セット [ 出口汪 ]

価格:3,650円
(2018/4/3 08:22時点)
感想(0件)

出口先生の問題集はその他にも小学生用や高校生(大学入試)用など様々販売されています。気になる方は調べてみてください。

※学校や塾でも授業で使用されている出口先生の問題集シリーズは書店では販売されておりません。

現代文を論理的に解き且つ読みやすく丁寧な解説

現代文の学習の仕方がわからないと悩んでいる生徒は、出口先生の問題集がおすすめです。感覚で問題を解いていくわけではなく、論理的に問題を解いていく方法をしっかりと解説してくれています。

解説自体が会話口調で書かれているため、問題一つ一つに対する解説の量はかなり多いのですが読みやすくストレスを感じません。

また、いわゆる『受験テクニック』とされる問題の解き方も問題に応じて紹介されているので、非常に重宝すると思います。

現代文が苦手な生徒はまずは、システム中学国語【論理入門編】から始めてみましょう。その後、システム中学国語【論理完成編】と進んでいき、最後にシステム中学国語【公立高校編】を解く流れがいいかと思います。

中学国語出口のシステム読解は総集編みたいな感じになっています。余力がある場合に復習として使用するのがいいかもしれません。

もちろん、この問題集を解いたからといって必ず学習効果があらわれるというわけでもありませんし、合う合わないもあると思いますので、レビューなどを参考にして検討してみてください。

ただ、現代文の点数が伸びす悩んでいる生徒は一度試してみる価値はあると思いますよ。

まとめ

今回の記事をまとめると

①現代文は定期テストと実力テストで点数の取り方が違う
②おすすめの問題集は『出口先生』の現代文シリーズ
となります。
学問に王道なし。どんな問題集や参考書でもかまわないので自分がじっくりと腰を据えて学習できるものを探していてくださいね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。